ねねブログ 〜横浜とB'zとアロマと〜

横浜在住、アロマハンドセラピストへ修行中のAEAJ認定アロマテラピーアドバイザーねねの生活
<< 本-男性漂流 男たちは何におびえているか | main | 本-学術的に「正しい」若い体のつくり方 >>
本-明るいニヒリズム
JUGEMテーマ:自分が読んだ本
明るいニヒリズム。中島義道の著書である。
哲学。
難しい。
説明できない。
時間というものの不可解さ、この世界のもろさをあらためて考えさせられる。
意識はどこから来てどこへ行くのか。
そもそも意識とはなんなのか。
自分は何を見ているのか。
自分は何を感じているのか。
何もわかるものなんてない。

あとがきの記述が本書の最後に印象的で、自分の考えにうまくはまるものだった。
客観的世界の解体、
何もないのが一番いい、
退屈きわまりない日が続くだけ、
世界は自ら消滅しつつある、
死んだ「あと」に失うものは何もないことがわかった、、、
 
【2015.12.02 Wednesday 22:34】 author : ねね | | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://nene-chan.jugem.jp/trackback/221
トラックバック
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP