ねねブログ 〜横浜とB'zとアロマと〜

横浜在住、アロマハンドセラピストへ修行中のAEAJ認定アロマテラピーアドバイザーねねの生活
<< B'z EPIC DAY | main | 確定申告終わり >>
震災の記憶
JUGEMテーマ:日記・一般
東日本大震災についてテレビでやってる。
もうあれから何年もたったのか。
自分はあの時出張で名古屋にいたからまだましだったけど。
東京も大変だったというのは聞いている。

でも自分にとっては阪神大震災の恐怖が強く残っている。
夜明け前に震度6弱の揺れに襲われた。
もちろん寝てたのだが、地震の揺れで目が覚めたのかというとそうではない。
地鳴りで目が覚めた。建物が揺れる音かもしれないが。
とおくからゴーーーっと音が近寄ってくるので目が覚め、
目が覚めたときには家がありえないほど揺れていた。
ガチャガチャガチャと、家が何者かにつかまれて揺さぶられてるみたいな。
自分は必死にベッドの両端をつかんで体を支えた。
ゆれがおさまってくると、今度はゴーーーっという音が遠くに去っていく様子が聞こえた。
しばらくすると母親が急いで自分の部屋に入ってきた。

地震の後の家の中は散々だった。
天井からぶら下がっているサークラインが落ちた。
食器棚の戸が開いて食器が床一面に割れて落ちていた。
本棚の上においていたものがありえない場所に落ちていた。
外も悲惨だった。
木が折れて倒れていた。
神社の鳥居が倒れていた。
屋根瓦が道路に落ちていた。

きっとずっと忘れることは無い記憶だ。
ただ、忘れないでとテレビで主張しているけど、本当につらい目にあった人はむしろ忘れたいのではないかと思う。
まあ、個人の考え方だから、自分も地震の体験を人に話す時には気をつけないといけないなと思っている。




 
【2015.03.12 Thursday 00:07】 author : ねね | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP