ねねブログ 〜横浜とB'zとアロマと〜

横浜在住、アロマハンドセラピストへ修行中のAEAJ認定アロマテラピーアドバイザーねねの生活
ベージュアランデュカス東京
JUGEMテーマ:グルメ
ベージュアランデュカス東京に行ってきた。
銀座のシャネルの建物の上にあるアランデュカスのフレンチレストラン。
アランデュカスといえば、青山のブノワには何度か行ってて、店の雰囲気やサービスがよくて気に入ってて。
それならベージュもいいだろうと思ってた。
それでこの前、ちょっといい機会があったので、ダイナースのプレミアムエグゼクティブダイニングで行ってみた。

結論。金持ちは楽しめる。
という結果に。。。

プレエグだったので、3万円か4万円でいけると思ってた。それが大きな間違い。
ワインは料理に合わせて出しますよとゴリ押しされて、これがグラスで各2,500円ぐらい。
途中でチーズ出されて食べたら二人で3,000円ぐらい。
食後のハーブティー、紅茶も別料金。
むむむむ。
特に、ワインはあまり飲まないって言ってるのに料理のたびに注いでくるし。前のが飲み終えてないのに。。。
料理に合わせてだから仕方ないのか。
飲みすぎないのはいいですねって、なんか皮肉みたいに言われた。
ええ、高いワインなんでしょうねって感じ。
まあ、料理はどれもおいしいし、事前に頼んでたメッセージサービス対応してくれたし、写真とってくれてすぐに現像してくれたし、マカロンのお土産あったし、サービスはよかったけど。

結局5万円ぐらいしちゃって大幅に予算オーバー。。。
あ〜あって感じ。
ゴリ押し感強かったのでもう行かないかな。。。
ブノワで十分だわ。
あ、金持ちになったらまた行ってみよ。
 
【2015.06.22 Monday 00:29】 author : ねね | レストラン | comments(0) | trackbacks(0) |
明神下神田川 -うなぎ-
JUGEMテーマ:グルメ
うなぎが食べたいということで人を集めて明神下神田川に行ってきた。
結果として人がほとんど集まらなくて悲しくなり、それでうなぎの味が悪くなった気がする。。。

明神下神田川は秋葉原から歩いて行ける立地なんだけど、入口で履物を脱ぎ、板張りの廊下、階段を歩いてそれぞれのお部屋に案内される。お部屋は、襖、欄間で区切られてて、床の間には飾り物など置いてあって旅行で旅館に泊まりに来たみたいな感じ。
お店の人は若い子が多かったようだけど、みんな落ち着いてて丁寧で、教育がしっかりされてるんだろうなあと思った。また、お店の雰囲気がそうさせるのかも。

食事は、
まず熱燗が飲みたいという人がいたので、自分も熱燗をもらった。
そして、突出し、うまき、肝焼き、白焼き、うな重という流れで頂いた。
突出しは、甘海老、ホタテの焼き物、そら豆だった。まあどれも普通にいける。
うまきは少し甘かったかな。うなぎのうまみと香ばしさがうまき全体の味をまとめてた。
肝焼きは少し苦い感じだったけど、臭みとかなくあまり肝とか好きじゃない自分でもおいしく食べれた。
白焼きは蒲焼とはちがってうなぎの味がしっかりわかる。とっても柔らかい身は取り分けるのが大変だった。わさびとしょうゆをつけて食べる。うなぎの香りがしっかりして少し甘みを感じる。脂っぽさはなくさっぱりしていた。
そしてうな重。非常に上品なうなぎ。これも脂っぽさは全然なく、すいすい食べれる。味はしょっぱい感じで甘さはおさえられてる。自分は甘いタレは好きでないのでこれはいい。骨っぽさも全く感じない。本当に全体が上品にまとまっててそれまでそこそこ食べてたのに、気が付いたら無くなってた。

以上。
好きな女と二人で来たいなあ〜。
【2015.04.05 Sunday 09:04】 author : ねね | レストラン | comments(0) | trackbacks(0) |
青葉でうなぎ
JUGEMテーマ:グルメ
お昼に青葉でうなぎを食べた。
お仕事あってランチだった。
うなぎは三河産、上うな丼だった。
上なので、うなぎはボリュームは結構あったし、ごはんも多かった。
食後はメロンとかフルーツもついててなかなかの満足感。
上司がおごってくれてさらに満足!

ところでうなぎは関東と関西で調理がやや違う。
関西生まれの私は、香ばしく焼いたうなぎが好きだ。
さらにいうと、タレは上品な感じで、甘いというよりはしょっぱめのが好き。
そして、ご飯はもちろんシャキッとした感じで炊いてあるのがいい。

自分が好きだったのは横浜ジョイナスにあった宮川本舗だったけど、無くなっちゃった。
その後、横浜高島屋の野田岩、そごう横浜店の竹葉亭で食べた。
野田岩はタレの味が全然好みに合わなかった。竹葉亭は焼き加減とか味は良かったけど骨があたるのが嫌だった。
そうやって近所に新たなお気に入りにできそうなうなぎやが無いか探してる中で、うなぎも店によって味が全然違うことに気付かされた。
いい経験になった。食は幅広くて新たな発見があるからいい!

それにしても今日のうなぎは良かったな〜。(おごりのせい?)
【2015.01.31 Saturday 23:43】 author : ねね | レストラン | comments(0) | trackbacks(0) |
異物混入の盛り上がり
JUGEMテーマ:グルメ
異物混入。
なんか次から次へとニュースになったけど、くだらないと思った。
異物混入なんて自分が体験したり聞いたものだけでも、
・コーヒーにゴキブリが入っていた。
・サラダに虫がついてた。
・クリームにビニールが入ってた。
・食べ物に髪の毛が入っていた。
・焼き菓子に焼くときの紙がついてた。
とか、いくらでもある。
気づいたら今後ないようにと思って店の人に言うけど、そんなんでニュースになってたら飲食店なんてやってられないよ。。。
メディアが面白がって次から次に投入し、それを見た消費者が勘違いして店に激しくクレームしたりメディアに情報を流したりするんだろう。
ネット社会だから情報の流れるのも早いし。
お客様は神様という言葉がそもそもおかしいんだよな。。。
お客様にはもちろんサービスするべきだけど、神様ではないだろ。だから調子に乗った客のクレームが増える。。。
【2015.01.25 Sunday 20:28】 author : ねね | レストラン | comments(0) | trackbacks(0) |
食材押しの飲み屋で
JUGEMテーマ:グルメ
先日、会社の同僚と飲みに行ったけど、そこは食材押しの店。
ノドグロやらエビイモやら万願寺唐辛子やらを籠に乗せて持ってきてどうしますかって。
ノドグロなんてもう安い居酒屋でもあるし、京野菜もスーパーに普通に売ってるこの時代。
まあそりゃあ準備できるよね。
こんなありふれたものを素晴らしいですよって押してきて、金額も明示せずに食わせるなんてちょっとどうかと思う。
大型の浅利はすごいなって思ったけど。

冷ややかな態度を出さないようにしてたけど、イライラした。
そういう時に穏やかな様子で大人な態度をとれるようにしないといけないのかな。

社会がマジョリティーの考え方や意見でできているから(まあそれは当然なんだけど)、社会でうまく生きていくためには自分も社会に合わせた態度でいなければいけない。特に日本はそうなんだろう。個性を大事にとか一時期言ってたけど、絶対にそうはならないだろう。マイノリティーはマジョリティーに合わせて生きるしかない。どれだけ広い知識や寛容な心を持っていても。
マジョリティーはメディアに容易に動かされる。(意識せず刷り込まれる形での)押し付けられた考え方やモノにかこまれ、鈍感さを発揮して生きるしかないか。

そう考えると、知識を身につけることや悟ったように寛容でいることはどんどん生きるのをつらくさせる一方で、知識も身に着けず、自己中に生きていることが幸せに生きるコツなんではないかと思ってしまう。

それでも自分は知識欲があるし、鈍感でもいたくない。寛容さで周りを幸せにしたいと思う。
【2015.01.25 Sunday 12:05】 author : ねね | レストラン | comments(0) | trackbacks(0) |
うしごろ
JUGEMテーマ:グルメ
 
で、うしごろで焼肉を食べてんけど、ここは生肉が食べられる貴重なおみせ。
タンのユッケとか、本当に軽くあぶっただけのお肉とか。
金額に比べて肉の質はかなりいいと思ってる。
ただ、お酒は飲めない状況やったんで少し残念やったな〜。

3人で食事するのはいいね。
3人だと、会話が分かれることなくちょうどいいらしい(どっかで聞いた)。4人と違って。
(一番いいのは女と2人だけど)

で、記憶に残ってる会話を。
・肉を食べると本音が出るらしい(?)
・逆セクハラ!?
・(定番の)上司への不満
・LINEとかFacebookの話

これぐらいしか覚えてないな・・・
その場やったらいろいろ話してんのにこれだけしか記憶に残ってないって悲惨やん・・・

さっきFacebookを思い出して人のを除いたけど、やっぱりFacebookは憂鬱になる。
よく自分の顔写真とか載せるな〜とか、楽しそうやな〜とか。
自分はこの人たちをこんな風に楽しませることなんてできないんじゃないかと。
自分は関心を持ってもらえるような人間なのか。この人たちに何か与えることなんてできないんじゃないのかと。
みんなそれぞれの生活があって、人間はやっぱりそれぞれ孤独に生きていくしかないんじゃないかと。
みんな昔からのつながりがあるのはわかるけど、Facebookを見てるとそうやって新たなつながりができることを阻害するように思える。
孤独な生活を強いるのは慣習や制度による刷り込みかもしれんが。

Facebookなんて気にしなければいいんだけど。何で見てしまったんや〜。
鈍感なやろうどもでせいぜい楽しんでろ〜!

『なぜヒトはFacebookをやる(見る)のか』
【2015.01.17 Saturday 10:12】 author : ねね | レストラン | comments(0) | trackbacks(0) |
エッグスンシングス
JUGEMテーマ:グルメ

横浜の山下公園前にできたエッグスンシングスに行ってきた。
平日でこんなに寒い日なのに、少し並んでて、外で待つ羽目に。。。
めちゃくちゃ寒かった。

10分ぐらい待ってから店内に。
結構中は広め。
客は女の子が多いかな。

メニューは店名どおり卵中心。あとはパンケーキ。それ以外にも肉料理とか魚料理、ハワイのロコフードかな。
注文したのは、ベーコンとチーズとポテトのオムレツ、ステーキにスクランブルエッグ添え、パンケーキってところ。
結構シンプルな味。

それにしてもハワイがなつかしい。
横浜は結構ハワイをイメージした店が増えたような気がする。
ハワイに行ったことがある人は多そうだし、そんな人からしたら懐かしくて行きたくなるよね。

行列がなさそうなときにまたこようかな。

【2012.12.26 Wednesday 21:12】 author : ねね | レストラン | comments(0) | trackbacks(0) |
京橋千疋屋でモーニング
JUGEMテーマ:グルメ
 
最近、朝は早めに家を出て、仕事前に喫茶店で本を読んでます。
で、早く家を出るために、朝ご飯を食べる余裕があんまりない。。。
なんか寝起きですぐご飯って食べれんくない?

なんで、今日は喫茶店でモーニングにしようと思って、行きの電車の中で携帯を使って東京駅でいい店がないか探してた。

それで見つけたのが、京橋千疋屋本店のモーニング。

500円で、トースト、ジャム、サラダ、ゆで卵、フルーツ、コーヒーのセットにした。
味は結構よくて、ボリュームも結構あった。
おすすめ。

客も少ないからゆったりできるし。

まあ、通り道ならいいけど、東京駅からは遠いけどね。

【2011.07.20 Wednesday 20:03】 author : ねね | レストラン | comments(0) | trackbacks(0) |
お昼はどこにしよう?そうだ、AGIOに行こう!
JUGEMテーマ:グルメ


今日のお昼は、ルミネ横浜のレストラン街にあるAGIOです。
この店は、昔、ネットで横浜のおいしいレストランを探してて見つけたところ。個人のホームページで紹介されてた。
ここは、イタリアンのお店で、パスタは生パスタで、ピッツァも石釜で焼くし、お肉も石釜で焼く。で、素材もいいものを使ってるってわかるぐらい美味しい。
お昼はセットメニューがあって、ピッツァランチとパスタランチ、それにハンバーグランチとか炭火焼ランチとかある。
前菜はにんにくとかオリーブオイルの香りがよく、サラダもロメインレタスはシャキシャキで厚みがあって、みずみずしさもあって、かなり美味しい。
メインの味付けも丁度よく、くどくない。(最近時々しょっぱいけど。)
食後のコーヒーは、ミルクがいいのか、コクがあって美味しいし、追加できるデザートも本格的で、ケーキ屋さんとかと同レベルだと思う。

ちょっと高いかも知れないけど、一度食べてみてください。あんまり普段美味しいとこがないって人は感動するかも。
横浜駅周辺は、あんまり美味しいレストランが無いと思うけど、ここについてはなかなか美味しいと思う。値段相応かそれ以上のパフォーマンスだとい思います。
僕は結構ヘビーに通わせてもらってます。

ルミネなので、ルミネカードなら5%オフッフッフ。。。

前も言ったね。。。ごめん。。。
【2008.05.31 Saturday 23:44】 author : ねね | レストラン | comments(0) | trackbacks(0) |
今日のご飯。
JUGEMテーマ:グルメ


今日のお昼は、横浜高島屋のローズダイニング、クリヨンで洋食。
舌平目のクリームコロッケを食べました。

この店は、洋食フレンチと銘打って、洋食とフレンチの融合をコンセプトにしてるようです。

サラダ、パンかライスを選べたんだけど、今回食べたのは、
マグロのサラダ、かぼちゃのポタージュ、クリームコロッケ、パンでした。

マグロのサラダは、表面を焼いたマグロに、葉っぱ系の野菜に、レモンとオリーブオイルとガーリックのイタリアンドレッシングでした。

かぼちゃのポタージュは、けっこうサラリとした感じのスープで、想像したこってり感は無かった。

クリームコロッケは、舌平目が入っていて、周りがトマトソース。それにアスパラとパセリに仲間の野菜が添えてありました。

パンは、バゲットとゴマのパンに、自家製バターでした。バターは確かに、柔らかめ、ミルクの香りがして、自家製というのは本当のようでした。

全体的にバランスよく、そつなく、雰囲気も堅苦しくなく、気軽に食べれるフレンチ(洋食?)でした。
【2008.02.11 Monday 01:55】 author : ねね | レストラン | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP